presented by
Search Fill-1
Menu
黄金書に名を記す

FCBがミュンヘン市の黄金書に名を記す

Increase font size Text size

 FCバイエルンはミュンヘン市の黄金書に三度名を記した。ミュンヘン市長ディーター・ライターはFCバイエルンの一年間で6個のタイトルと31度目のリーグ優勝に敬意を示すため、コロナウイルス規制の中、市庁舎の小会議室でヘルベルト・ハイナー会長、カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長、スポーツ取締役ハサン・サリハミジッチ、ハンジ・フリック監督、マヌエル・ノイアーの小グループを迎えた。黄金書に名を記す必要条件は、非常に成功したシーズン。過去同賞は2001年チャンピオンズリーグ優勝、2013年シーズン3冠後に贈られた。

ハイナー「我々のルーツを誇りに思う」

ヘルベルト・ハイナー会長:「黄金書に名を記したことに敬意を示してくれたミュンヘン市に感謝したい。FCバイエルンが世界中でプレーする時、クラブは偉大な故郷ミュンヘン市の代表も務めている。我々のルーツを誇りに思い、将来我々の街とファンに喜びを与えるため、できる限りすべてのことをする」

ルンメニゲ「ミュンヘンが我々のホームで嬉しい」

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長:「今日はFCバイエルンにとって特別な日だ:ミュンヘン市の黄金書に三度名を記した。この栄誉は唯一傑出した成功を収めた後に授与される。歴史的な6タイトル・シーズンがこの様に称えられ誇りに思う。来年クラブが再びマリエン広場でファンと共に1つ以上のタイトルを祝えることを願う。FCバイエルンはミュンヘンがクラブのホームのであることを嬉しく思う」

ディーター・ライター市長:「1シーズン中に6つの重要な全タイトルを獲得することは、決して負けない素晴らしいパフォーマンスだ。3冠を成し遂げたFCBチームが翌シーズンもリーグ優勝を収めたことはより感銘的である。この素晴らしいパフォーマンスは、ミュンヘンのポジティブなイメージを発信することに貢献している。したがって、FCバイエルンが再び市の黄金書に名を記したことを非常に嬉しく思うよ」

ミュンヘン市とFCバイエルンによる以下のモットーを掲げ展開されるコラボレーションの幕開け:「Together in Munich, together in the world」

News