presented by
Menu
スコアレスドロー

FCB、プレシーズン初のドロー

ルーカス・ポドルスキーが故郷ケルンに戻り、古巣クラブ1.FCケルンでゲームをするとなるとケルン大聖堂の街は特別な日となる。そこにFCバイエルンとのフレンドリーマッチに約4万人を超えるファンが訪れる- 大げさではなくほとんどの人が彼らの元お気に入り選手目当てにやってくる。

そして恐らくケルンのファンは今夜、ポドルスキーのゴールに歓喜をあげていただろう、だが23歳およびゲームに出場した33選手からゴールはなかった。90分のゲーム終了後、スコアレスドロー。FCバイエルンはプレシーズン5試合目に初の引き分けとなった。

ケルン戦、5選手欠場

ユルゲン・クリンスマン監督はプレシーズン本格的なテストマッチとなった2戦目、ケガ人フランク・リベリーほか五輪選手ホセ・ソサおよびブレーノだけではなく前日のトレーニングで軽い負傷を負ったティム・ボロフスキーとルカ・トーニの起用を断念することになった。

FCバイエルンはワントップでディフェンシブに徹してきたケルンに対し、試合開始から主導権を握り、試合序盤の15分ではボール支配率が90%あるようだった。しかし3日前のドルトムントでのT-Home-Supercupのようにミュンヘンは決定的なチャンスを作りだせずにいた。

レンジング、出番は一度だけ

試合序盤のベストチャンスはいくらか偶然に訪れる形となった。ミロスラフ・クローゼが18分、相手のペナルティーエリア内でボールを奪い、もう一人のストライカー、ポドルスキーへパス。クリアをしようとしたケルンDFヨーゼフ・モハメドの足に当り、ボールはポスト内側へとコースが変わった。

ダブルタイトル獲得のレコードマイスターの前線への攻撃がうまくいかないなか、ディフェンスはいくつかの場面を除いて堅実なプレーをみせた。例外となったのは前半37分、ミソ・ブレコがフリーでバイエルンゴール前へ、しかし彼の右45度からシュートは抜群の反応をみせたミヒャエル・レンジングの前にゴールならず。オリヴァー・カーンの後継者は前半、この場面以外は出番がなかった。

ポドルスキー、先制のチャンスを逃す

ハーフタイム寸前にポドルスキーがチームに先制をもたらすチャンスを掴む- ウィリー・サニョールとハミト・アルティントップからバイエルンの前半のベスト攻撃からゴール手前6メートルからシュートを枠に入れることができず。スコアレスドローで前半45分が終了。

ポドルスキーは後半のいくつかのチャンスシーンでも中心的なプレイヤーとなった。トニー・クロースからグラウンダーのパスを代表選手は交代出場したジョゼフ・エングウェニャに横パス、エングウェニャはシュートを打つのに時間がかかり、モハマドにボールを最終的に奪われた。

後半、ゴールチャンスが増える

激しく雨が降るなかでバイエルンはよりゴールを目指し、コンビネーションを速めた。この連係プレーから交代で入ったマルセル・ヤンセン(55.)が得点機をえた、同分にはクロースが18メートル弾を放つ、だがケルンGKファリド・モンドラゴンの前に得点ならず。

63分に6選手を入れ替えたケルンもこの時間帯いくらかオフェンシブになり、71分にはアディル・シヒがフリーでヘディングシュートを放つベストチャンスをえた。だが枠をわずかに捕らえることができなかった。すぐに反対サイドではシュヴァインシュタイガーがペナルティーエリア付近から左足でシュートを放つが、これもわずかに左ポストを外れた(75.)。

7週間後に再戦

より激しくなる雨のなかで、観衆は試合終盤に両チームの撃ち合いを目にすることになった。両チームともスコアレスドローに満足するつもりはなかった、しかしゴールが生まれることはなかった。このなかでもルーカス・ポドルスキーは試合後、両チームのファンから声援を浴びた。

7週間後にケルンファンはポルディーとFCバイエルンとの再会となる。9月13日- ブンデスリーガで勝ち点3を懸けた戦いとなる。ケルンにとってはきっとまた特別な日になるだろう。

1. FC ケルン - FC バイエルン 0:0

1. FC ケルン: モンドラゴン- オザト、ゲロメル (63. マッケンナ)、 モハメド (63. ミトレスキ)、 ウォメ (63. サノウ) -ブレコ、 マティップ (63.ヴチチェヴィッチ)、ペッゾーニ、 アンタル (63. ブロイヒ)、 エレ (63.ヤルシン) - ノヴァコヴィッチ (63. シヒ)

FC バイエルン: レンジング- サニョール (46. レル)、 ルシオ (46. デミチェリス)、 ファン・ボイテン、ラーム (46. ヤンセン) - アルティントップ (46. シュヴァインシュタイガー)、 ファン・ボンメル (46. ゼ・ロベルト)、 オットル、クロース- クローゼ (46. エングウェニャ)、ポドルスキー

ベンチ: クラフト

観衆: 42.000

イエローカード: オザト / クロース