presented by
Menu
フィオレンティーナ戦のコメント

「われわれは勝つことができていた」

FCバイエルンの最低目標勝ち点1、レコードマイスターは1:1のドローを喜ぶことができた。ティム・ボロフスキーは「われわれは勝ち点1を獲得するのに相応しい出来だった、最後にはわれわれは勝たなければならなかった」と述べた。しかしミュンヘンは彼らの出来に満足していなかった。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは「本来ならできることが、今日はうまく前にとプレーできていなかった。」

コメント一覧:

ユルゲン・クリンスマン:「前半は悪い出来ではなかった。われわれはとても大きな圧力をかけてくるフィオレンティーナを予想していた。大部分は互角のゲームをすることができた- 失点を除いてね。われわれは大方、ゲームをコントロールして、ボールを走らせた、だが最後の決定力が欠けていた。ハーフタイム時にわれわれはもう一つテンポを早めること、そして同点ゴールを絶対に決めるつもりでやることを確認したんだ。後半はわれわれが一点決めるのは時間の問題だったということを感じた。」

ティム・ボロフスキー:「われわれは前半、うまく試合に入れずにいた、とくに対人プレーにね。われわれはフィオレンティーナにプレーをさせてしまい、自分たちのゲームができなかった。それが大きな欠点だった。後半にはわれわれはフィオレンティーナを圧倒した、ほぼ一枚上だった、多くのゴールチャンスを作りだし、あとは本当ならば決めなければならなかった。われわれは勝ち点1を獲得するのに相応しい出来だった、最後にはわれわれは勝たなければならなかった。」

ミロスラフ・クローゼ:「われわれは負けるつもりはなかった、だから1:1はオッケーだよ。前半は勇敢さが十分ではなかった。われわれは後ろに下がりすぎてしまい、セカンドボールを拾えずにいた。後半は良くなった。われわれは高い位置で多くの競り合いに勝てたんだ、そこでわれわれは楽になった。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「結果はオッケー、だけど僕らはいいゲームができなかった。本来ならできることが、今日はうまく前にとプレーできていなかった。だけど僕らは頑張り、最終的にはフィオレンティーナよりも力があったんだ。だけど:欧州CLで勝ち進むにはもっといいゲームをしなければならない。僕らは今、勝ち点8でとてもいい位置にいる。」

マルク・ファン・ボンメル:「前半はいいゲームができなかった、われわれは不安がありすぎて、0:1に値する出来だった。同点後はそれどころか勝てることができていた。だけどわれわれがプレーした内容には満足することができない。」

アドリアン・ムトゥ(ACフィオレンティーナ):「われわれはもちろんがっかりしている。勝ち点1では十分ではない。単純に経験の差がでてしまった。」