presented by
Menu
シーズン終了まで

ハインケス、FCバイエルンに復帰

ユップ・ハインケスがシーズン終了まで、FCバイエルンの監督として復帰。同63歳のハインケスは87年から91年までドイツレコードマイスターを率いた経験があり、89年と90年にはドイツマイスターに輝いている。ハインケスのアシスタントはFCバイエルンII監督のヘルマン・ゲルラントに決まった。

ボルシア・メンヒェングラッドバッハの監督に就任してから8年後、87年にウド・ラテックの後任としてFCバイエルンの監督に就任した。同監督は、メンヒェン・グラッドバッハで選手としても、70年代に伝説イレブンとともに4度マイスターを獲得したことがある。バイエルン監督就任1年目にあった困難後、74年のW杯V戦士は2季連続でマイスターをミュンヘンに持ち帰り、91年の10月にFCバイエルンを去ることになった。

レアル・マドリードとともにCL優勝

その後、アスレチック・ビルバオ、アイントラハト・フランクフルト、CDテネリフェおよびレアル・マドリードで采配を振るった。彼はレアル・マドリードと98年にチャンピオンズリーグを制覇。同決勝戦がハインケスにとってはチャンピオンズリーグのラストマッチとなった。98年の夏にはベンフィカ・リスボンで監督に就任、1年後には大きな成功と声望を集めたビルバオへと戻った。

ハインケスは2003年、ブンデスリーガに復帰、FCシャルケ04で指揮をとった、しかし16ヶ月後には退団することになった。2006年夏にハインケスは原点に回帰することになった: 19年ぶりにボルシア・メンヒェングラッドバッハに復帰。しかし、この契約も長く続くことはなかった。ハインケスは2007年1月31日に退団することになった。

ハインケスにとって3度目のタイトルとなるか?

ハインケスが今季の最終節まで、再びFCバイエルンで指揮を執ることになった。ゲルラントとともにFCバイエルンを成功への道 – マイスター奪取 – に導くつもりだ。タイトル奪取の場合はハインケスにとってFCBと3度目のタイトルとなる。だが、彼の初ゲームも侮ることはできない、というのもハインケスのFCバイエルンは今週土曜、降格争いをするグラッドバッハとアリアンツ・アレーナで戦うことになるからだ。