presented by
Menu
ルンメニゲ、ノイアーについて:

「興味があると信じている」

カール=ハインツ・ルンメニゲが水曜夜、アシュハイムでブンデスリーガ(バイエルン vs. ドゥイスブルク)が行われた際に、「マニュエル・ノイアーがFCバイエルン移籍に興味があると信じている」とコメント。レコードマイスターはゲルゼンキルヘェンからの反応を待っているとも同FCB代表取締役社長は続けた。「シャルケがわれわれに交渉のスタンバイができているとシグナルをみせれば、われわれは話合いを行うことになる。」

ゲルゼンキルヒェンの同23歳GKは、火曜日にドバイで7:2と勝利した一戦で代表デビューを飾った、だが可能性のある移籍については発言を控えた。FCシャルケの育成選手はまだ2012年まで契約が残っている。

チームビルディングは火曜日から行われているFCB取締役とルイス・ファン・ハールとの話合いなかの一つのテーマである。ルンメニゲはFCB.tvとのインタビューのなかで、「しっかりとした構想のなかで話合いが行われている」と語った。「一つ前に進んだことになる。ルイス・ファン・ハールは、求めるもの、または求めないものをはっきりと分かっている」とも続けた。

ルンメニゲは、「われわれは話合ったことを実践していくこと」を試すことになるとコメント、「今、何が起こっているのかを全員が分かるようになるべく早くやっていく」とも続けた。基本的に移籍市場は8月31日まで開いている。すでにアシスタントコーチとなるヘルマン・ゲルラントと、FCバイエルンを退団するゼ・ロベルトのケースについてはすでに決断が下された。