presented by
Menu
南北対決のコメント

「スコアレスドロー以上のゲーム」

両チームとも無得点で勝ち点1ポイント - ハンブルクで0:0の後にルイス・ファン・ハールは満足していなかった、「ローカールームで選手たちにこう言ったんだ: 勝てなかったことは残念だ。この試合によりチャンスがある感覚があった」とFCB監督はコメント。トニー・クロースはこう述べた:「勝たなければいけなかった。」



コメント一覧:

ファン・ハール:「ローカールームで選手たちにこう言ったんだ: 勝てなかったことは残念だ。この試合によりチャンスがある感覚があった。ハンブルクは最後の15分間は疲労していて、そこでわれわれはゴールを決めなければいけなかった。それを達成することができなかった、そしてまだ負ける可能性もあった。彼らは勝つために全てのことをしている。そのことを今日も目にすることになった。この情熱にとても満足している。だけどゴールを決められなかったことには満足していない。ハンブルクが疲れていたから、ピッチ上では大きなチャンスがあった。」

フィリップ・ラーム:「もちろん自分たちはここで勝ち点3を奪うつもりだった、だけどHSVは終了間際に決勝弾を決めることのできる大きなチャンスがあったから、ドローに満足しなければならない。HSVは通常の相手ではない。全体的にみると自分たちはいいパフォーマンスをだせていた、最後の30分、よりゴールへの執念と高い集中力をもってプレーしなければいけない。」

トニー・クロース:「全体的に勝ち点1に満足することができない。前半のいくつかの時間帯、そしてとくに後半、僕たちが相手を制するいいチームだった。勝たなければいけなかった、バイエルン・ミュンヘンとしての要求を全うしなければならない。HSVは週の半ばに試合がなかった、だけど自分たちはそのなかでより強さを発揮することになった。」