presented by
Menu
ドルトムント戦敗戦後

「誰もが自問自答しなければいけない」

FCバイエルンの首脳陣がドルトムントで最初の決断を下し、スタジアムから空港までの道のりでチームに伝えることになった: 月曜日に計画されていたオクトーバーフェスト訪問をキャンセル。クリスティアン・ネルリンガーは、「この状況のなかでオクトーバーフェストに行くことは意味がない」とコメント、「このことを全員一致で決めた。」ドルトムントで0:2と敗れた後、FCバイエルンに落胆の色は隠せなかった。

勝ち点8ポイント、5得点8失点 - ドイツレコードマイスターのブンデスリーガ第7節後の乏しい戦績。ウリ・ヘーネスが12位および首位に勝ち点13ポイントについて、「最大規模の出来事。われわれが黙っていることができないときがきた。われわれは全員に呼びかけなければいけない: 起きろ!今が一番大切なときだ。」

FCバイエルン会長もドルトムントでの前半終了後、チームが正しい方向に向かっていると口にしていた:「本当にいいゲームをしていた、残念ながら決められなかったが、いいチャンスがあった。」この言葉はすでに周知のことだ。このためルイス・ファン・ハール監督は試合後、「再三言っていることしか言うことができない。前半相手を制し、4から5度チャンスを作りだした、しかしゴールを決めることができなかった。」

スランプと絶頂

バイエルンは90分間、ゲームを制していた、ボール支配率62%およびコーナーキック数は8:1。ネルリンガーは、「われわれは多くのことを投じている、しかしボールをライン上に押しこむができない」と気がついていた、「そして始めのシュートがたびたびわれわれのゴールに転がる。」ルーカス・バリオス(52.)とヌリ・シャヒン(60.)が後半始め、いわゆるドルトムントのファーストシュートから得点を決めた。バイエルンは0:1の前に個々のミスから敗者の道へ進むことになった。

オフェンスのスランプ - 第7節後に5得点はリーガで最も少ない得点 - が今現在の順位という説明はヘーネスにとっては十分ではなかった。「そろそろ説明が必要なときがやってきたようだ」と彼は強調、「数人が昨年の絶頂を区別できていないようだ。昨年は大きな成功があった、これを翌年はより大きくしていかなければいけない。」