presented by
Menu
初優勝を喜んだ

ノイアー、ダンテ、シャック

4月7日土曜日、バイエルンはフランクフルトでのアウェー戦を1:0で勝利し、史上23度目の優勝を史上最速で決めた。決勝ゴールを決めたバスティアン・シュバインシュタイガーにとっては6度目の戴冠だが、多くのバイエルン選手は初めての優勝を味わった。ちなみに最多優勝経験者はメーメット・ショルとオリバー・カーンで8度の優勝。

マヌエル・ノイアーは、自身の素晴らしいセービングでフランクフルト戦の勝利に貢献した。今季バイエルンは24勝を挙げ、18試合で無失点。「僕らはここまで成し得たことを誇りに思えるよ」とコメント。ノイアーのこれまで唯一の獲得タイトルは、2011年のシャルケ時代にドイツ・カップ優勝だった。ノイアーは33節アウグスブルク戦で「本物のマイスターシャーレ(優勝皿)」を手にすることができるのを楽しみにしている。

ダンテはファンとユニフォーム交換

ダンテは優勝が決まると、バイエルンファンとユニフォームの交換を行った。「素晴らしいよ。優勝するというのは素晴らしい気持ちだ。すごく嬉しい」と喜んだ。ダンテは2008年ベルギーのスタンダート・リエージュでベルギー王者に輝いている。同じブラジル人のラフィーニャとルイス・グスタボも初めてのドイツリーグ優勝を喜んでいた。

「僕らがドイツ王者だ」ハヴィ・マルティネスはフランクフルト戦後にそうツイッターでつぶやいた。「チームメートと優勝を祝うのはファンタスティックだ。みんな素晴らしいよ。応援してくれたファンに感謝している」と話した。マルティネスはスペイン代表でワールドカップ優勝、欧州選手権優勝を経験しているが、クラブレベルでは初めての優勝だ。

シャックは連続優勝

ジェルダン・シャチリは、4年連続での優勝を果たしたことになった。2010,2011,2012年と3年連続FCバーゼルでスイスリーグを制していた。「このチームをとても誇りに思うよ。僕らはなんとしても今日、優勝を決めたかった。勝つことができてよかった」とコメントしていた。

マリオ・マンジュキッチはフランクフルト戦を風邪で欠場しなければならなかった。しかし今シーズンここまで15ゴールとチーム得点王の彼の活躍が、優勝に大きく貢献していたのは皆が認めるところだ。ジェローム・ボアテイングはBユース(U17)時代にヘルタ・ベルリンでドイツ王者に輝いたことはあるが、プロチームでは初めて。

シュタルケ 呪縛を解いた