presented by
Menu
インタビュー:ラーム(後編)

「確実にまだよくなる」

バイエルンの休暇もまだあと数日残されている。フィリップ・ラームとその他の選手たちは1月5日のドーハでのトレーニングキャンプから本格的に始動を開始する予定。そうなると2013年の出来事はもう過去のこととなり、2014年のパフォーマンスに期待が寄せられる。「もう一度同じ場所に立ちたい。決勝まで進んで、トロフィーを獲得したい!」と、2014年の豊富を力強く述べた主将ラームは、他にもグアルディオラ監督との関係や新戦力のチアゴとマリオ・ゲッツェ、そしてボランチというポジションについてもfcbayern.deで語ってくれた。

インタビュー:Philipp Lahm(フィリップ・ラーム)前半


fcbayern.de
個人的なことについて触れていくけど、なぜフィリップ・ラームは一度もパフォーマンスを落とすことがないのかな。
Philipp Lahm::(笑)自分分ではいくつか完全に思い出す節があるけど。でもそうだね、単純にサッカーを物凄く楽しんでいるし、情熱を込めてプレーしている。バイエルンのようにチームが機能していれば、個々のプレーヤー全員がよく見えると思う。

fcbayern.de11月末にモスクワで筋肉系の怪我を抱えていたけど、どんな感覚だった、「怪我をしている」って感じ?
Lahm怪我で欠場したことなんて数年間もなかったから変な感じだったよ。運良く大事に至らなかったし、ピッチに戻れるまで2、3日かかるだけだとその後すぐに分った。

fcbayern.deシーズン前半ではペップ・グアルディオラ監督が一定期間ボランチのポジションでプレーさせていたね。なぜボランチでのプレーが続いたのかな?
Lahmバイエルンにいる他の多くの選手と同じように僕自身もそこでプレーできる能力がある。色んなポジションに順応できるようになったいてう成長が個々数年であった。全く違う動きをする場所としては、たぶんあとセンターバックとフォワードが残されているけど、右サイドバック、ボランチ、センターハーフ、トップ下、ウイングは全部間違いなく豊富な運動量、高い技術力が伴った早い判断が備えられている能力。だから、自分も含めてたくさんの選手が起用される可能性のある場所。

fcbayern.deペップ・グアルディオラが監督に就任してから半年が経過するけど、監督とキャプテンの間の関係はどう?
Lahmとてもいいよ。どんな話もできるし、何か心に留まることや提案したいことがあればいつでも監督の所へ話すことが出来るしね。

fcbayern.de彼が君のことを過去鍛えた選手の中で一番頭のいい選手だと最近言っていたが・・・
Lahm誇りに思うよ。とても大きな褒め言葉。特に、彼がこれまで鍛えてきた選手を思い返せば尚更ね。

fcbayern.deマリオ・ゲッツェとチアゴが夏にFCバイエルンに加入したね。彼らのこれまでのパフォーマンスをどう評価する?
Lahmバイエルンサイドとして僕たちは彼らの様な選手を獲得できて嬉しく思う。2人とも卓越した技術をもった偉大なサッカー選手だ。2人のサッカーは見ている人にとっても楽しいものだし、人間的にも僕たちにパーフェクトに適応している。彼らはすぐに馴染んでいたよ。

fcbayern.deこれからのことに目を向けよう。2013年はクラブ史上でも大きな成功を収めた年だったね。ファンは2014年に何を期待するかな?
Lahmもちろん同じことをもう一度やってのけるのは不可能に近い。特に2年連続はね。でも努力はするよ。もう一度同じ場所に立ちたい。決勝まで進んで、トロフィーを獲得したい!大きな挑戦になるね。

fcbayern.deグアルディオラ監督はまだチームに大きな潜在の能力が隠されていると考えているけど、どう思う?
Lahm同じ意見だよ。90分を通して相手を支配できる試合をもっと多くこなしていかなければならない。シーズン前半では、力が抜けて相手を勢いづかせてしまうシーンがいくつかあった。そういったことを減らしていかないと。良い道のりは辿っているけど、僕たちは確実にまだ良くなるよ。レヴァークーゼンやマンチェスターの試合でも、僕たちのできることを見せることができた。その時のパフォーマンスをもっとたくさん見せなければなならない。

fcbayern.de今シーズンのブンデスリーガを負けなしで終えるのは目標?それともそれは少し大それたこと?
Lahmそのことについて僕たちは考えてないね。決まり文句かもしれないけど、僕たちはまた一試合一試合に集中するつもり。色んな記録は良いことだし、もちろん作りたいけど、そこに照準を合わせる訳ではないよ。どのチームもいつかは負けるもの。少しでも(負けなしを)キープするように頑張るつもり。

fcbayern.de去年の三冠達成に大きく貢献したバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、未だに怪我に悩まされているね。その副キャプテンがシーズン後半に完全復帰することはチームにとってどれくらい重要?
Lahmバスティ(シュヴァインシュタイガー)はこれ以上誰かに証明する必要ない。全員が彼の大切さを知ってるよ。また痛みがなくプレーできるようになるのを願っている。それは間違いなくチームにとってとても喜ばしいいことになる。