presented by
Menu
独占インタビュー

ローデ「間違いなく退屈するこはない」

この中断期間はまさに完璧のタイミングで訪れた。バイエルンはこれまでの過密日程でしっかりと結果を出し、グアルディオラはチームに3日間の休みを与えた。これについてセバスティアン・ローデは「こういった短い休みは良いことだね」と率直にコメントし、「ここ数週間は3日毎に試合があった。リーグ戦の中断期間が過ぎた後もまたそうなるだろう。だから、たまに切り替えて違うことを考えるのは良いこと」と休みを心待ちにした。

ローデがどこでどんな休日を過ごすのか、またはFCバイエルンに来てからの序盤の総括など、今週の土曜日に24歳を迎える同選手が、fcbayern.deの独占インタビューで語ってくれた。

セバスティアン・ローデとのインタビュー

fcbayern.deセバスティアン、こんにちは!この間FCバイエルンに来てから初めて、敵地でチャンピオンズリーグを戦うためにチームに同行したね。かなり不思議な旅だったでしょ?
セバスティアン・ローデ:モスクワ行きは間違いなく特別なものだったよ(笑)。それはもう出発の日からそうだった。ブンデスリーガの試合が終わってその足でケルンからロシアに向かったからね。普段より1日早目だ。そしたらその晩にはホテルで警報器が作動した。レストランに行くまで、ホテルの前でしばらくの間待たなければいけなかったよ。あれはもうすでに普通ではない状況だったね。

fcbayern.deマヌエル・ノイアーは警報が鳴っている間、校庭にいるみたいだったと言っていたけど、君もそう感じた?
ローデ:本当に学校にいるみたいだったね。最初は何が起こったか誰も理解できなかった。部屋にいる時はサイレンが全く聞こえなかったんだ。そうしたら外に連れ出された。

fcbayern.deこの騒動は試合の準備に影響した?
ローデ:ベストはもちろん何も起こらなかったことだ。でも、結局悪影響はなかったよ。ずっと安全だと感じていた。クレムリン(旧ロシア帝国の宮殿)の近くにいたしね。そこでは何も起きないよ(笑)。

fcbayern.de今はチームの半分が代表に招集中だね。君はゼーベナー通りに残っているけど、この時間はどうやったら有効に使えるかな?
ローデ:この期間は個別メニューが比較的多い。それぞれがジムでトレーニングしたり、ピッチで個々の弱点を磨いたりしている。もちろん今は小さなチームだけど、5対5や6対6は十分にできるよ。

fcbayern.deFCバイエルンに移籍してから公式戦6試合に出場し、全ての試合でメンバー入りしているね。これまでの総括は?
ローデ:一貫してポジティブかな!チームメイトが僕を暖かく受け入れてくれたし、街にも凄くよく馴染んでいる。もちろん、もう少し試合に出たいという気持ちはあるけれど、最初の時期としては順調だと思う。バイエルンへの移籍は間違いなく正しいステップアップだったね。

fcbayern.de今のところ成長した部分は?
ローデ:ペップ・グアルディオラの考え方を常に学んでいる。彼の下でトレーニングを積めることは素晴らしいことだ。ピッチでの動き方をアドバイスしてくれるし、あらゆるシチュエーションでの解決策を示してくれる。だから毎日本当に成長できるよ。

fcbayern.deそして、シャビ・アロンソのようなチームメイトからもきっと学べることは多いね・・・。
ローデ:同じポジションでプレーする選手を観察していると、基本的に多くのことを学べる。ボールを持ったときどれだけ落ち着いているか、どれだけ視野を広く保っているか。その辺りも見て勉強できることはいくつもあるね。

fcbayern.deチーム内でも特に仲良くなった選手はいる?
ローデ:実際、どの選手とも良い関係を築けていて、誰とでも楽しく会話ができているよ。ただ、試合数が多いから、ピッチ以外では残念ながら何かを一緒に計画したりはできていない。でもきっとこれから実現すると思う。

fcbayern.deプライベートでは暴力に対する反対運動に取り組んでいるね。具体的には何をしているの?
ローデ:僕はヘッセンにある暴力抑止団体の大使なんだ。そこではとても多面的な役割を持っている。ヘッセンでは幼稚園児のチームやFユース(8歳以下)の試合に審判がつかない。だから、チームが自分たちで試合の指揮を執らないといけないんだ。そういった試合に付き添ったことがある。他にも犯罪を犯したことがある若者がいる施設を訪問したりもした。僕の仕事はとても幅広いよ。

fcbayern.deそういった青少年たちの反応は?
ローデ:とても良い反応だよ!僕が話しをすれば、全員集中して聞いてくれる。サインを配っても皆喜んでくれるしね。凄く楽しいよ。だから、たとえ住んでいる場所が遠くても続けるつもり。

fcbayern.de監督は3日間オフをくれたね。この時間は何に使う?
ローデ:ストックホルムに住む彼女に会いに行くよ。彼女はそこで大学に通っているんだ。すでにストックホルムを訪れたことがあるチームメイトも凄く綺麗な街だったと言っている。だからこの小旅行をとても楽しみにしているよ。

fcbayern.deたまにこうやって休むこともメンタル面では重要?
ローデ:こういった短い休みは良いことだね。ここ数週間は3日毎に試合があった。リーグ戦の中断期間が過ぎた後もまたそうなるだろう。だから、たまに切り替えて違うことを考えるのは良いこと。

fcbayern.de中断期間が過ぎたらまた過密日程に入るけど、そういったスケジュールは楽しみ?
ローデ:試合はいつでも楽しいよ。トレーニングよりね。だから喜ばしいことだ。やりがいのある試合がいくつも待ち受けている。例えばチャンピオンズリーグのASローマ戦やDFBポカールのハンブルガーSV戦とかね。間違いなく退屈するこはないよ。