presented by
Menu
代表戦

ミュラーが2ゴールの活躍、レヴァンドフスキがハットトリック

 ロシアW杯欧州予選2試合を終えたドイツ代表は、2勝目を手にした。ドイツ代表トーマス・ミュラーが3-0(前半1-0)でチェコ代表に勝利した試合で2ゴール(13分、65分)を奪った。前節のノルウェー戦でも2ゴールを決めている。49分には、ヨシュア・キミッヒのパスからトニ・クロースのシュートがゴールネットを揺らした。

 「この試合、僕らにとって良い試合だった」と、ジェローム・ボアテングがドイツ代表チームの連携の高さを称賛した。ボアテングは、欧州選手権が終わってから初めてのドイツ代表の先発に名を連ね、FCバイエルンに所属する全5選手がフル出場を果たした。「我々は、この結果にとても満足している。チームは終始、ゲームを支配していた」と、ドイツ代表監督ヨアヒム・レーヴは語った。

 51,239人の観客がヴォルクス・パーク・シュタディオンで世界王者の圧倒的な強さを目撃した。ドイツ代表は、この試合を支配して素晴らしいパスワークを披露した。試合スコアはもう少し違っていたかもしれない。ミュラー(25分、38分、62分、82)、キミッヒ(44分、83分)、ベネディクト・ヘーヴェデス(80分、90分)、ユリアン・ドラクスラー(23分)、マリオ・ゲッツェ(31分)、メスト・エジル(58分)がゴールチャンスを迎えたがゴールに結びつけることは出来なかった。一方、ノイアーはボエク・ドカル(63分)のシュートを好セーブで防いだ。

 ドイツ代表は、ロシアW杯欧州予選グループCの首位となり、アゼルバイジャン(勝点6)、北アイルランド(勝点4)が続く。ドイツ代表は、11日(火)に北アイルランドと対戦する。「次の試合は、難しい展開になると思っている。北アイルランド代表は守備的に戦ってくるだろう。重要なのは、どれだけ速くプレーできるかだ」と、ボアテングがコメントした。

 レヴァンドフスキが、ホーム戦でハットトリック

 ロシアW杯欧州予選Eグループ、ポーランド代表は予選で初勝利を収めた。ワルシャワで行われたポーランド代表のホーム戦に先発出場したロヴァンドフスキは、デンマーク代表相手にハットトリック(20分、36分、47分)の活躍。ポーランド代表は3-2(前半2-0)でデンマーク代表に勝利した。後半にカミル・グリクのオウンゴール(49分)、ユセフ・ポウルセン(69分)のゴールで1点差までに追い上げられたが、試合はそのまま終了した。ポーランド代表主将レヴァンドフスキは、この試合フル出場している。ポーランド代表は、ロシアW杯欧州予選Eグループで初勝利を手にし、グループ3位に位置し、モンテネグロとルーマニア(ともに勝点4)がグループ先頭を走っている。