presented by
Menu
プレスリリース

FCバイエルンとコカ・コーラがパートナーシップ契約を延長

  長期に渡り成果を上げているFCバイエルンとコカ・コーラとのパートナーシップ契約が3年間延長され、コカ・コーラは「FCバイエルン・ミュンヘン公式パートナー」に留まる。これにより、今後もアリアンツ・アレーナの訪問者には種類豊富なノンアルコール・ドリンクが提供される。また、アリアンツ・アレーナ周辺で行われるファンのための選りすぐりの広告プレゼンテーションやキャンペーンも、ドイツ王者FCバイエルンとドリンクメーカーのコカ・コーラとのパートナーシップの一環として行われる。

  FCバイエルンでマーケティングを担当する取締役アンドレアス・ユングは、パートナーシップ契約の再延長と信頼溢れる連携の継続について、「コカ・コーラとのパートナーシップの延長は、我々が共に成し遂げた仕事に対する評価だ。世界最大のブランドの一つであるコカ・コーラと更に関係を深められることを誇りに思い、また来季に我々のパートナーシップが50周年を迎えることを嬉しく思う」と、喜びを露わにした。

  コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ・ドイツ(CCEP DE)のスポーツとイベント・マーケティング部門担当アンドレアス・ラウプは「今回の3年間パートナーシップの延長は特別なものだ。FCバイエルンとコカ・コーラは、2018-2019シーズンにパートナーシップ50周年記念を祝うことになる。来たるシーズンに向けて選手達、そしてユップ・ハインケス監督はじめトレーナーチームの大いなる成功と多くのタイトル獲得を祈っている」と語り、FCBにエールを送った。

News