presented by
Search Fill-1
Menu
アリエン・ロッベンのインタビュー

「ファンはホームで優勝を決めるに値する」

Increase font size Text size

 ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントとの大一番、その後のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのセビージャ遠征を皮切りに、数日後には熱狂的な4月がスタートする。これらのビッグマッチをFCバイエルンの選手たちもファンと同様に楽しみにしており、中でも活躍が期待されるのはアリエン・ロッベンだ。オランダ人サイドアタッカーは軽傷から回復し、次の試合が待ちきれない様子だ。34歳の同選手は、fcbayern.comのインタビューで今後待ち受ける試合について語った。

アリエン・ロッベンへのインタビュー

君は先週まで神経圧迫により休養を強いられていたね。調子はどうだい?

ロッベン:「良くなっていると思うよ。今週は月曜日から再び通常通りの良いトレーニングができた。症状を落ち着かせるために、先週は自分の体調に合わせてトレーニングメニューを調整し、フィットネスルームで特別練習を行ったんだ。いよいよ終盤戦がスタートするから楽しみだ。このまま良いコンディションを保ち、試合に出場できることを願っているよ」

ドルトムント戦で起用されても問題はなさそう?

ロッベン:「ないよ。全体的にとても良い感触を得ている」

具体的にどんな問題を抱えていたんだい?

ロッベン:「僕はSCフライブルク戦で既に小さな問題を抱えていて、それが原因で欠場したんだ。ハンブルガーSV戦ではもう良くなっていたから、試合に出場することができた。その後は再び少し問題があり、数日間休まなければならなくなった。少し時間がかかったけど、その期間もそんなに長かったわけじゃない。今は体調も良いしいつも通りだよ」

ドルトムント戦から始まるこれからの日々を楽しみにしていると君は言っていたね。ドルトムントは君にとって最も多く対戦(21試合)し、最も多く得点を奪った(11得点。対VfLヴォルフスブルク戦、対HSV戦と同様)相手だ。君にとってBVBは特別なクラブかい?

ロッベン:「僕はビッグマッチが好きだし、これまでのBVBとの試合はいつも大一番だった。だからこのカードでは毎回少しだけギアが上がるんだ」

ドルトムント戦はどんな試合になると思う?

ロッベン:「新監督の影響もあって、今彼らは再び良くなってきている。BVBは非常に優れたクラブだ。たとえ今シーズンはここまでそれほど安定していなかったとしても、彼らは各試合で再三その能力を発揮している。だから必ず良いパフォーマンスを見せてくるよ」

もしFCシャルケ04が同日午後にSCフライブルク相手のホーム戦で勝点を逃した場合、バイエルンの優勝を確実にできるかもしれないね。これは更なるモチベーションになるかい?

ロッベン:「もちろんそのことは頭の片隅にあるよ。もしも優勝する日を望めるのならば、やっぱり今週の土曜日(3月31日)がいいね。過去6回の優勝はいつもアウェイの遠征先で決まった。FCBのファンたちはホームでの優勝決定を経験するに値する。でも僕たちがタイトルを獲得するかどうかはまだ他クラブの試合結果に左右されるし、残念ながら今節に自力で優勝を決めることはできないね」

その後にはチャンピオンズリーグの準々決勝が控えているね。どんな試合になると思う?

ロッベン:「難しい試合になる。セビージャFCには素晴らしいファンがいるから、特にアウェイでは熱狂的な空気が待ち受けているだろうね。そしてそれは僕たちに危機をもたらし得る。セビージャは優れたテクニックを持つチームだ。オフェンス陣も危険だが、ディフェンス陣も整った良い守備をしてくる。すごく難しい試合になるね。大前提として僕たちは精神的にしっかり準備して臨まなければならない」

君はレアル・マドリードに在籍していた頃に何度かセビージャ戦を経験しているけど、彼らのホームで試合をするのは初めてだね。

ロッベン:「うん、セビージャのホームでは本当に一度もプレーしたことがないんだ。僕は確か2回とも怪我していたと思う。今回の試合が初めての経験になるから楽しみだよ」

どんな試合になるだろう?ディフェンスに労力を割くことになるのか、それとも相手のラインを下げた堅固な守りを切り崩さなければならないだろうか?

ロッベン:「セビージャは引いて守るだけでなく、前線でも良いプレッシングを構築できるチームだ。マンチェスター・ユナイテッド戦で誰もが目にしたように、彼らはアウェイマッチでも恐れることなくプレーした。経験豊富でビッグマッチにも慣れているね。今回も熱い試合になるよ」

熱戦を控えたこれからの重要な数週間を前に、代表ウィークによる中断期間は有益なものだった?それとも不利に働くと思うかい?

ロッベン:「決められた中断期間にはただ従うだけだ。どのクラブも同じ悩みを抱えている。より重要なのは、これから迎える1試合目で良い再スタートを切ることだ。それが好敵手を相手に迎える今節での課題だよ。再び速やかにリズムを掴まなければ」

FCBは再び3日毎に試合を行うことになるね。それに備えて日々の過ごし方にいくらか変化を加えることは?

ロッベン:「ないね。僕は毎日をプロサッカー選手として生きなければならない。良い睡眠をとって正しい栄養を摂取するんだ。これからは休養というテーマがよりいっそう重要になる。この点に関して注意を払う必要がある。よく眠り、しっかり食べて、マッサージを行い、次の試合までに速やかに身体をトップコンディションへ戻すために役立つ全てを行う。でも僕ら選手はこういう生活にも慣れているよ」

人は敗北から最も多くを学ぶ、と沢山のスポーツ選手が言うよね。そういう視点から見て、2012年の結果は君の成長にどんな意味を持つ?

ロッベン:「敗北はスポーツにつきものだ。みんな大変な努力をしているから、負けるのは苦いものだよ。そういった敗北はまず消化しなければならないが、その後どうなるかは個人の性格次第だ。どれくらい本気で成功を望んでいるか、そしてその成功のためにどれくらいのことをするか?最も良かったのは、2012年に敗れたCL決勝戦直後の夏季トレーニングキャンプで、チームが燃えていると既に感じられたことだ。僕たちはすぐに全てのタイトルを獲得したいと思っていた。2012-2013シーズンの最後にそれを成し遂げられたことはもちろん素晴らしいことだったよ」

News