presented by
Search Fill-1
Menu
レオン・ゴレツカインタビュー

「局面が再び一転する場合もある」

Increase font size Text size

 FCバイエルンでトレーニングを行うレオン・ゴレツカを見れば、同選手がミュンヘンで居心地の良さを感じていることが見て取れるだろう。fcbayern.comとのインタビューでボーフム生まれの同選手は数ヶ月前FCバイエルンへの移籍を決意した理由、バイエルン州州都の印象、現在のFCBを取り巻く状況、またアテネ戦とボルシア・ドルトムント戦へかける意気込みについて語った。

レオン・ゴレツカインタビュー

fcbayern.com:今日のトレーニングで君が決めたドリームゴールは君がすっかりFCバイエルンに馴染んだ証拠でもあるね。もうミュンヘンを観光する時間はあった?
レオン・ゴレツカ:「残念ながらまだ本当にはないんだ。これまであまりに短すぎてね。でも休暇があったら意識的にミュンヘンへ止まるようにしているよ。僕は都市と一体感を持ち、そこに住む人々と知り合うのは大事なことだと考えているからね。ここの人達はとてもフレンドリーだと思う。僕が歩き回った地域は若者が多かったね。とても楽しかったよ」

fcbayern.com:故郷から遠く離れてしまったけど懐かしく思うものはある?
レオン・ゴレツカ:「その言葉が全てを物語っているんじゃないかな。『故郷』を後にすればもちろん欠けてしまうものがある。例えば友達のみんなだね。これまで生まれ育った故郷に住んでいたから、僕には完璧に安心できるオアシスがあった。だからいつも友達に囲まれていた。僕にとってはとても助けになったよ。でも今は意識的にこの一歩を選んだ。自分の個人的な成長に関して、故郷を離れることは大事だ。友達は僕を訪ねてきてくれたし、家族も頻繁にここを訪れてくれている」

fcbayern.com:君は入団の際に、移籍を決める前には決断に長い時間を要したと言っていたね。どんな要素が決め手になったんだい?
レオン・ゴレツカ:「長いプロセスだったよ。本当に多くのことについて考えたんだ、都市の気候に関してすらだ。たとえそれが全く重要じゃなかったり、似たようなことについてもね。でも最終的に僕の考えは本当に大事なことに集中したよ(笑)」

fcbayern.com:何が本当に大事だったんだい?
レオン・ゴレツカ:「僕にとってはクラブが本当の僕を熱望し、僕との明確なプランを持っていることだった。その上で僕がリーグのことをすでに知っていることはプラスになった。外国への一歩は個人的にはまだ考えていなかったんだ。 加えてFCバイエルンはビッグクラブで、多くの結果を残してきた。更に成長への次なる一歩を可能にしてくれるチームだ。 僕は毎日ここで学ぶことができる。こうして僕は複数のステップを踏んで次のレベルへ自分を高めることができるんだ。その考えは気に入ったし、まだ失望を覚えたことはないよ」

fcbayern.com:FCバイエルンでの最初の4ヶ月で2つの異なる状況を経験したね。最初は全てがうまくいき、今は批判が巻き起こっている。何が本当に大事だったんだい?
レオン・ゴレツカ:「言い古した言葉だけど、これが一番うまく言い表しているんじゃないかな:サッカーは日々の営みだ。これは僕らの置かれた状況を最もよく表している。数週間前のことは全く意味を持たない。重要なのは今この時だ。僕らは目下最も優れ、スペクタクルな試合をしていない、だからネガティヴな報道をされる。でもそれがすぐに一転する可能性もある。それが今の僕達の課題になるだろう。それを成し得るためにこの数週間、機会は十分にある」

fcbayern.com:雰囲気を変えるためには何が必要なのかな?
レオン・ゴレツカ:「勝利!それからもっと良いサッカーだね。最終的にものをいうのは僕らのピッチ上で結果を出すことだ。それがどう生まれるかは全く重要じゃない」

fcbayern.com:先ずはチャンピオンズリーグでAEKアテネと当たるけど…
レオン・ゴレツカ:「正しい方向へと進むために、その試合に僕らは集中しなければならない。僕らはホームのアレーナで戦う、喜びは大きいよ。そこで良いサッカーを見せたいと思っている」

fcbayern.com:ドルトムント戦はすでに頭の隅にあるかい?アテネ戦での良い結果は週末の試合にどれだけ重要な意味を持つと思う?
レオン・ゴレツカ:「頭の隅にはね、でも焦点は水曜日の試合に定まっているよ。課題は十分に困難だし、良い結果は確実に週末の試合へ臨むことを容易にしてくれるだろう。でも良い結果を出せなかったとしても、モチベーションが下がることはないよ」

fcbayern.com:ドルトムントとの試合は元シャルカーの君にとってまだ幾分か特別なもの?
レオン・ゴレツカ:「勿論だよ。ボーフム時代もライバルだったからね。このライバル関係と僕は育ったんだ。シャルケを通してこれはより強いものになった。とりわけ昨季、世紀の一戦となったダービーでの4対4、それからホームでのダービーでの勝利。いつも熱狂的な試合で、だから昨季に繋げたいと僕はとてもとても燃えているんだ」

fcbayern.com:試合に望むことは?
レオン・ゴレツカ:「とても面白い、非常に魅力的で、エモーショナルな順位表上の混戦だね。僕らの課題は良い試合をして勝ち、勝点差を縮めることだ」

fcbayern.com:もうちょっと未来のことについて話そう。FCバイエルンでの最初のシーズンを、どんなん風に振り返りたいと思っている?
レオン・ゴレツカ:「そのことについてはまだ考えたことはないんだ。ここで自分の切ったスタートに満足している。左サイドバックの役割を自分が思ったようには果たすことのできなかったアウグスブルク戦を除いて、僕のパフォーマンスはこれまでいつもポジティブなものだと思っている。それに繋げたいね。今までいつも悩まされた軽度の負傷は将来的に予防したいと思っている。地歩を固め、チームを助けるために向上したいと願っているよ」

News