presented by
Search Fill-1
Menu
20日(水)の公開練習

コヴァチ以下選手の面々が美技を連発

Increase font size Text size

 20日(水)、公開練習のためにゼーベナー通りへと足を運んだファン達は、その労をFCバイエルンの面々が見せた数々の美技によって労われることとなった。11人の代表選手を欠きトレーニングで、監督のニコ・コヴァチは自らも練習へと参加することとなった締めくくりのシュート練習では、自らセンタリングを上げいまだ衰えぬ足技を披露。ファン達は練習へ取り組む選手達を熱心に見守った。

 だがそれだけではない。昨日同様、コランタン・トリッソがグラウンド脇で個別トレーニングを行う前に、部分的にチーム練習に参加。メイングラウンドではミニゲームが行われ、選手達は実力を移管することなく発揮。ジェローム・ボアテングの目を見張るようなチップキック、スヴェン・ウルライヒの素晴らしい個人技にレナト・サンチェスのキレのあるドリブルはその一部に過ぎない。練習後、選手達はファンのサインや写真の求めに快く応じた。監督、選手、そしてファンにとっても素晴らしいトレーニングとなったようだ。

News