presented by
Search Fill-1
Menu
レヴァンドフスキとミュラーは不参加

寒の戻りにもチームは準備を続行

Increase font size Text size

 既に倉庫の奥深くに仕舞われていたオレンジ色のボールは、突然の寒の戻りに一面の銀世界となった11日(月)のミュンヘンで再び陽の目を見ることとなった。ゼーベナー通りのグラウンドの雪かきを数分の間に終わらせたグリーンキーパーの努力により、ニコ・コヴァチ監督率いるチームはチャンピオンズリーグ・ラウンド16セカンドレグへの準備に滞りなく着手することが可能となった。

 長期離脱中のアリエン・ロッベン(脹脛)とコランタン・トリッソ(十字靭帯損傷後の基礎トレーニング)に加え、トーマス・ミュラー(家庭の事情)が不参加、またロベルト・レヴァンドフスキはパフォーマンスセンターで個別トレーニングを行っている。ダヴィド・アラバとキングスレイ・コマンは既に前日から屋外のチームトレーニングへと復帰した。

News