presented by
Search Fill-1
Menu
プレスリリース

欧州クラブ協会加盟クラブがミュンヘンでミーティング

Increase font size Text size

 欧州クラブ協会(ECA)に加盟するドイツのクラブの要望を受け、FCバイエルンは5月22日(水)、アリアンツ・アレーナにECA会長のアンドレア・アグネッリを招待しミーティングを開いた。このミーティングにはFCバイエルンの他、SVヴェルダー・ブレーメン、VfBシュトゥットガルト、FCシャルケ04、バイエル04レヴァークーゼン、ボルシア・メンヒェングラードバッハ、RBライプツィヒ、ボルシア・ドルトムント、アイントラハト・フランクフルトの代表者が参加した。

 このミーティングで、アンドレア・アグネッリは2024年以降のヨーロッパにおけるクラブ大会の改革プランとそれに関する現状を説明した。その他、ドイツの位置づけについても議論が行われた。

 FCバイエルン・ミュンヘン株式会社代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは、この度のミーティングについて「アンドレア・アグネッリ会長の訪問に感謝したい。このミーティングはとても良い雰囲気で行われたが、改革プロセスがオープンで建設的、そして公平な方法で、ブンデスリーガ側の興味も考慮しながら民主的に進むだろうという印象を受けた」と述べた。

News