presented by
Search Fill-1
Menu
ロベルト・レヴァンドフスキのインタビュー

「両タイトルを同時に獲得したら完璧だ!」

Increase font size Text size

 FCバイエルンは5月18日(土)ホームでのアイントラハト・フランクフルト戦でクラブ通算29度目のドイツ王者になるチャンスがある。そしてレヴァンドフスキは今季リーグ戦で22得点を奪い、チームへ多大なる貢献をしている。今回のインタビューで同ポーランド人選手は4度目のブンデスリーガ得点王への意気込み、バイエルンレジェンド選手3名との別れ、ホームファンの目の前でリーグ優勝を達成できるチャンスについて話した。

ロベルト・レヴァンドフスキのインタビュー

今週土曜日のアリアンツ・アレーナで今季リーグ戦最終節を迎え、君たちは7季連続リーグ優勝を成し遂げる可能性があるね。正直に言って、勝点9差があった時期に今の状況を信じていたかい?

ロベルト・レヴァンドフスキ:「カタールでの冬季合宿で既に話したように、僕らは何時でも連勝を始めれた。そしてドルトムントは勝点を取りこぼす可能性があるとね。僕らは自分たちにこう言い掛けていた:もし早期に再び盛り返せれば、まだチャンスはある。僕らはそれをやり遂げ、幸運にも最終節前の今、すべては僕らの手の中にある」

君たちがアリアンツ・アレーナでリーグ優勝を決めたら初めてのことだね。やはり特別なことかい?

レヴァンドフスキ:「僕らの大勢のファンの前でマイスターになることを夢見ていた。それは最高の気分だろうし、素晴らしい瞬間だろうね!アウェイ戦でブンデスリーガ王者になった時の感情は知っている。でもホーム戦での優勝達成は全く異なると思う。高揚感は漂うだろうし、まず2、3週間後に優勝を祝ったりしない。特別な瞬間になりえる。土曜日にリーグ優勝を決めて、ファンと一緒に祝えることを願っているよ」

個人ではここまで熾烈なブンデスリーガ優勝争いをまだ経験したことなかったよね。毎日の練習でより多くのやる気は溢れているかい?

レヴァンドフスキ:「練習では全く必要ないけど、試合では多分既に圧力があることは気付けるはずだ。これまでの数年間は最終節前にリーグ優勝を常に決めていた。今は最終節の試合終了までプレーしないといけない。今季全体を通してドルトムントとの優勝争いをしていたね。僕らが良いプレーをしていない時期もあったよ。今季リーグ優勝をした場合、全員にとってここ数年間では最もタフなリーグタイトル獲得になるだろう」

最終的には得失点差で決まるかもしれない。4月の5-0で勝利したドルトムント戦が非常に助けとなったね。同試合でもう一度、大事な試合で立ち上がることを示せた?

レヴァンドフスキ:「僕らにとってもあの試合は強烈なメッセージとなった:僕らはリーグ優勝を勝ち取る準備がある。今季前半戦、ドルトムントは極めて良いプレーをしていたが、少し調子を落とした。僕らはドルトムントに不調時期が訪れることを願っていたんだ。なぜならブンデスリーガ、チャンピオンズリーグ、DFBポカールの3大会を戦い抜くには多大なる力を消費するからだ。僕らは準備が出来ており、連勝を始めることが出来たよ」

最終節の対戦相手フランクフルトは良いシーズンを過ごしているが、ブンデスリーガ直近2試合で敗北したね。今週土曜日の試合はどんな展開になると思う?

レヴァンドフスキ:「マインツ戦0-2の敗北では彼らを測ることはできない。ヨーロッパリーグ準決勝敗退から3日後、ロンドンからの移動疲れもあり肉体的に彼らは万全ではなかったと思う。当然、同2試合後を終えたフランクフルトにとって、ミュンヘンに出向いて以前のようなプレーをするのは簡単ではない。だがそれはフランクフルトがマインツ戦の様な試合をする意味とはならないね。彼らは異なるパフォーマンスを示すだろう」

具体的に何が土曜日の試合で決め手となる?

レヴァンドフスキ:「試合開始から自分たちのサッカーを披露する必要がある。すぐに自分たちのリズムをハイレベルで保ち、攻撃的にプレーしてゴールを狙い、自分たちのクオリティーをピッチ上で体現できれば、僕らは勝利するよ」

現在22得点で4度目のブンデスリーガ得点王が目前だね。まだリビングに新たなトロフィーを置くスペースはあるかい?

レヴァンドフスキ:「(笑)。そうだね、新たなトロフィーのために何時でもスペースを探しているよ!確かに少しリードはしているが、多分得点王を決定付けるためにも1ゴールは奪わないといけない、加えてリーグ優勝もね。理想は僕らがドイツ王者になり、僕が得点王を受賞することだよ。両タイトルを同時に獲得したら完璧だ!」

今季のブンデスリーガ得点王でゲルト・ミュラーに次ぐ最多得点王タイトル受賞になる。これにはどんな意味があるかい?

レヴァンドフスキ:「あの偉大なるレジェンド選手の次に名前が来ることは僕にとって多大なる栄誉だ。彼はブンデスリーガ得点王を7度受賞している。そこに辿り着くには少し足りない。それでも、土曜日にそれを達成できれば特別だし、僕にとって多くの意味があるよ」

今週火曜日にラフィーニャの退団記者会見に足を運んだね。どういった経緯だったの?

レヴァンドフスキ:「ラファの記者会見に合わせるように、僕は当日練習後のケアメニューを急いで行った。彼は素晴らしい選手で人物だよ。共に長年経験したすべてのものは常に残り続ける。現役引退後もこの友情関係が途絶えることはない。間違いなく今後も頻繁に会うだろうし、連絡も取り合うよ」

フランク・リベリー、ラフィーニャ、アリエン・ロッベンがいないFCバイエルンはどのように見えるかな?

レヴァンドフスキ:「類のない一時代が終わりを迎える。全3選手が素晴らしい人物で、多大なる貢献をしてきた。僕らは彼らを恋しくなるだろう。長年FCバイエルンで経験を積み、練習、試合をしてきたあのような3選手が離れる時、当然悲しいことだ。でも何が終われば、新しい何かがやって来る。それに向けて僕らは準備しないといけない!」

News