presented by
Search Fill-1
Menu
誕生日おめでとう!

フランツ・ベッケンバウアーが74歳になる

Increase font size Text size

 彼は栄光の輝き、そして皇帝だ。9月11日(水)、フランツ・ベッケンバウアーが74歳の誕生日を迎えた。誕生日おめでとう!ミュンヘンとドイツで歴代最高の選手の1人である同氏はFCバイエルンで長年キャプテン、監督、会長を務めた。同氏のプレースタイルはファンと相手選手を感銘させ、FCBに移籍してから同氏はほぼ全てのタイトルを勝ち取った。

 1958年、同氏は幼少期にSC1906ミュンヘン選手としてTSV1860ミュンヘンと対戦し、相手選手から平手打ちされた。この出来事があり、若きベッケンバウアーはFCバイエルンへの移籍を決断。そしてFCBでクラブ史に残る黄金期の中心人物となった。

バイエルン黄金期の幕開け

 1965年にFCバイエルンとブンデスリーガに昇格し、1967年には個人初の国際タイトルとなったUEFAカップウィナーズカップ優勝を果たした。加えてベッケンバウアーはFCバイエルンで4度のブンデスリーガ優勝(1969年、1972年から74年)、DFBポカール優勝(1966年、1967年、1969年、1971年)、UEFAチャンピオンズカップ3連覇(1974年から76年)、インターコンチネンタルカップ(1976年)を成し遂げる。

 そして1974年、ベッケンバウアーは自身のキャリアをもう一段階引き上げた:同氏は西ドイツ代表として出場したW杯で優勝。同大会での同氏のエレガントさ、華麗なプレーで皇帝の異名が付けられた。おそらく74回目の誕生日でその特別な想い出が蘇るだろう - FCバイエルンは心から同氏の誕生日を祝福する。

News