presented by
Search Fill-1
Menu
ケルン戦の準備がスタート

キミッヒが病欠、デイヴィスは足首に軽傷

Increase font size Text size

 ハリケーン『ザビーネ』が少しの影響が落ち着き、FCバイエルンのプロ選手たちはゼーベナー通りで練習を再開した。11日(火)のオフ明けの今日、ハンジ・フリック監督はクラブ練習場でチームトレーニングを指揮。アウェイでの1.FCケルン戦の準備開始日にFCB選手は多くの汗を流した。

 ウォーミングアップ後、ロベルト・レヴァンドフスキとその他の選手たちは筋力サーキットトレーニングを行った:4つの場所で選手たちは重り付けてのスプリント、ゴムバンドを装着しての機敏なサイドステップ。続けてパス練習、集中的なゲーム形式メニュー、シュート練習に励んだ。

 ヨズア・キミッヒは風邪のため今日の練習を欠席。加えてアルフォンソ・デイヴィスは今日の練習で足首に軽傷を負ったため練習を早期に切り上げた。

大腿部の筋肉の問題を抱えていたハビ・マルティネスはまだチーム練習に参加しなかったが、そのために全力を注いでいる。

News