presented by
Search Fill-1
Menu
7年前

バイエルンが史上最速となるリーグ制覇を達成

Increase font size Text size

 リーグ優勝の祝賀会は通常5月まで行われないが、2013-14シーズンのFCバイエルンはそこまでつもりはなかった。2014年3月25日、FCBは早々にリーグ制覇を決め – これはブンデスリーガ史上最速となるタイトル獲得となった。当時FCBの監督を務めたペップ・グアルディオラ指揮下、チームはヘルタBSCベルリンに3-1の勝利を収め、それまで無敗記録を更新すると共に、既に第27節で優勝。このタイトル獲得により、FCBは前季達成した最速記録(第28節でタイトルを獲得)を再び更新した。

 試合後行われた優勝祝賀会の模様を映像で振り返ろう:

氷点下の中行われた祝賀会

 3月25日(火)の夜、ベルリンのオリンピア・シュターディオンで気温は氷点下を下回った。その為タイトル獲得後に行われる伝統的なヴァイスビア・シャワーは行われなかった。一部、厚手のセーターに身を包みながらも、選手達は敵地を訪れたファンと共に優勝を盛大に祝った。この試合ではトニ・クロース(6分)、マリオ・ゲッツェ(14分)、フランク・リベリー(79分)がゴールを挙げ、ドイツ絶対王者が2006年以来となるタイトル防衛に成功。

 ダンテを始めとする選手達はプラスチック製のマイスターシャーレを掲げセレブレーション:

News