presented by
Search Fill-1
Menu
チャンピオンズリーグで初のドッペルパック

コマンが再びCLでチーム初得点

Increase font size Text size

 21日(水)夜、何人かは昨季チャンピオンズリーグ決勝のような感覚を持っていただろう:ヨズア・キミッヒのセンタリング、キングスレイ・コマンの先制点。そう前季チャンピオンズリーグ決勝パリ・サンジェルマン戦で同フランス人選手は頭でゴールを奪った。そして今回の2020-21シーズンUEFAチャンピオンズリーグ初戦のアトレティコ・マドリードを相手にコマンはキミッヒのスーパーパスを繊細に受け止め、ボールをネットに流し込んだ。だが今回の得点の重要性は間違いなく減ることない。

決勝パリ戦を彷彿とさせるゴール

最後にチャンピオンズリーグで得点を奪ったのはキミッヒのセンタリングからキングスレイ・コマン - パリ戦の決勝弾。

 アトレティコ・マドリードの試合序盤の危険なスタート後に、力強いパフォーマンスで試合方向を正しく操ったのはコマンだった。同フランス人選手は先制点後にチームメイトのレオン・ゴレツカのゴールをお膳立てし、試合を決めるドリブルからのゴールも決めた。今夜のマン・オブ・ザ・マッチのコマンは同試合後に「2得点を奪えた、それは非常に嬉しいよ」と言った。そして先制点をアシストした人物に感謝した:「ヨズアのパスは完璧だった!」

昨季同様にコマンが得点者第1号

 コマンは約2ヶ月前の決勝戦での得点を思い出したことを認めた。だが過去の出来事に長期時間ふけることは望んでいないなかった:「今は新シーズンのチャンピオンズリーグだ。引き続き勝利したい」と、自身初のCL初のドッペルパックでFCバイエルンの同大会17季連続初戦勝利に大きく貢献した24歳がコメント。昨季もコマンが3-0で勝利したレッドスター・ベオグラード戦でFCバイエルンの先制ゴールを挙げた。

 しかし今季CL初得点以上にコマンの2点目は今年の年間最優秀ゴール候補に残るだろう:トーマス・ミュラーからパスを受けた同フランス代表選手はハーフラインからドリブルで独走し、止まることなくゴールに進んだ。レオン・ゴレツカは「彼は異次元の才能を持った人物だ。1対1の状況を打開するための重要な選手の1人だ。得点とあのドリブル。彼は自分の才能を思う存分発揮した」と述べた。

フリックの賛辞

 コマンはこの上に記録を重ねていくはずだ。FCバイエルン監督ハンジ・フリックは「今日彼に今日の試合は今後の試合での評価基準になると言ったんだ」とウィンクをしてコメントし、「キングスレイはチャンピオンズリーグ直近2試合で3得点を決めている。良い結果を残しているよ。このまま数字が続けば、我々全員が満足する」と話した。

4-0で勝利したアトレティコ・マドリード戦のコメント:

News