presented by
Search Fill-1
Menu
グリュンヴァルダ―・シュターディオンで追悼

FCバイエルンがホロコースト犠牲者を追悼

Increase font size Text size

 かつてFCバイエルンのホームスタジアムだったグリューンヴァルダー・シュターディオンの外壁が追悼の場になる:5月9日(日)まで毎晩21時から、ナチスの政権掌握後に迫害され、多くの場合殺害された22人のユダヤ人スポーツ選手を偲び、彼ら・彼女らの写真が映し出される。イニシアチブ„Faces for the Names“のこのアクションで映し出される中には、FCバイエルンと関わりが深い5人の人物が含まれている:名誉会長クルト・ランダウアー、元ユース部門役員オットー・アルベルト・ベーア、優勝監督リヒャルト・ドンビ、そしてFCB会員だったハインリッヒ・ベルリナーとヴィルヘルム・ビュイソンの写真がホロコーストの記憶を風化させないためにプロジェクターによって映される。クルト・ランダウアーとリヒャルト・ドンビは当時それぞれスイスとオランダに亡命し、大戦を生き延びた。オットー・アルベルト・ベーアは1941年にカウナス強制収容所で殺害され、ハインリッヒ・ベルリナーは1940年に自らの命を絶った。ヴィルヘルム・ビュイソンは同年に政治的な理由で処刑された。

会長ヘルベルト・ハイナー:「FCバイエルンは長年にわたり寛容と偏見のない社会に賛同してきた。反ユダヤ主義や憎悪、暴力、あらゆる差別のための場所など、このクラブと我々の世界観、そして我々の社会にはない。„Faces for the Names“ のようなイニシアチブは重要だ。我々はこのようなイニシアチブを通じて、自由で平和な福利的社会にとって基本的な価値を改めて意識することになる。FCバイエルンにとって、このアクションの一部であることの意味は大変大きい」

 „Faces for the Names“はホロコーストの犠牲者 ― そしてその名前と顔 ― を可視化する。このアクションでは、ホロコーストの犠牲者がかつて住んでいた家や縁の深い施設の壁にそれぞれの写真が映し出される。このプロジェクトはプラハとワシントンD.C.で行われたプロジェクトに倣い、昨年10月からJ.E.W.S. Jews Engaged With Society e.V.の手によってスタートした。

FCバイエルンは2020年3月に”レイシズムにレッドカード”アクションを開始した:

News